亜鉛サプリの効果と人気ランキング

亜鉛サプリの効果は?

失敗しない亜鉛サプリの選び方

 

 

一口にサプリと言っても、その原料によって吸収率は異なるとされています。食べ物などから抽出された成分を配合した天然サプリは、化学的に作られた成分を配合した合成サプリと比ベて、吸収率が高いと言われています。その理由は、成分が天然由来であるため体に馴染みがあり、それが吸収をスムーズなものにするからとされます。

 

一方、合成サプリは配合されている成分が化学的であるため、身体に馴染みにくい場合があります。そのため、スムーズな吸収が行われず、そのまま排出されてしまうケースも見られます。この吸収率の差は、効果の差としてはっきり現れることも多いです。同じ種類の成分を配合したサプリであっても、天然サプリの効果のほうがより強く感じられると言われているのです。サプリを利用する際は、できるだけ高い効果を得られるよう、天然サプリを選ぶようにするのがおすすめです。

 

天然の亜鉛サプリは体に優しい

 

天然サプリの抽出は、その大部分が、私たちが普段の生活の中で口にするような食べ物から行われています。そのため、その食べ物にアレルギーがある場合は別として、副作用の心配はないと言っていいでしょう。また、成分を吸収する際の身体の反発もなく、胃腸にも負担をかけません。天然サプリは体に優しいサプリとされています。

 

一方、合成サプリの成分は化学物質であるため、身体の害になる場合もあります。また、吸収する際に身体に反発が起きるため、身体に負担を与えてしまいます。これらのことを考えると、亜鉛サプリを使用する際は天然サプリを選択するほうが安全と言えます。

 

天然の亜鉛サプリはこちら→亜鉛サプリランキング

 

摂取時間と方法に気を付け、効果をアップさせよう

 

亜鉛サプリの摂取は『食後』が最適とされています。逆に、食前は好ましくありません。亜鉛を空腹時に摂取すると胃を荒らしてしまうため、吐き気のような副作用が出る場合があります。また、亜鉛の持つ効果も下がってしまうとされます。胃の中に何もない状態のときに亜鉛サプリを飲むのは控えましょう。

 

また、『ビタミンCやクエン酸』は亜鉛の吸収率を上げてくれるとされています。そのため、亜鉛サプリを摂取する前に、ビタミンCやクエン酸を含む果物をを食べておくことをおすすめします。それにより、より高い亜鉛の効果を得ることが期待できます。

 

飲み方にも注意が必要です。亜鉛サプリの摂取は、一日分の量を一度に飲むというやり方ではなく、『朝・晩など分けて摂取』といったやり方で行いましょう。そうすることで、胃に対する負担を少なくすることができるのみならず、体内に亜鉛が留まっている時間を長くすることができます。それが血中濃度を一定にすることに?がり、より効果的だと言われています。

 

また、亜鉛サプリを飲む際は『水』と一緒に飲みましょう。水ではなく、牛乳のようなカルシウムを含むもの、コーヒ・紅茶・緑茶のようなタンニンを含むものと共に亜鉛を摂取してしまうと、亜鉛の吸収が阻害されてしまうことがあります。

 

飲み方や選ぶサプリの種類によって、効果にも差が出る

 

口コミで広がっている亜鉛サプリを飲んでみての経験談には、様々なものがあります。「効果が出た!」といったものから「あんまり効果を感じない・・」といったものまで千差万別です。この効果の実感の差は、使用しているサプリの種類が適していないことや、飲み方が正しくないことによって起きている場合も少なくありません

 

飲むサプリを変更したり、正しい飲み方をカスタマーセンターなどによって指示してもらったりすると、効果が発揮されたといったケースが多いのがその証拠です。亜鉛摂取による効果を十分に得るためには、どんなサプリを選ぶか、どんな飲み方をするか、といったことにも気を配る必要があります。

 

亜鉛の効果を詳しく

 

私たちの体内で行われている亜鉛の活動は、非常に多岐わたっています。その活躍の範囲の広さは、数多くのミネラルの中でも特筆に値するものです。亜鉛の持つ主な働きは、以下のようなものとなります。

 

1
約300種類もある酵素の活性化への関与
2
DNAやRNAの合成といった細胞分裂への関与
3
成長ホルモンの機能を維持する、骨の成長を促す、といった子供の発育や成長への関与
4
傷ついた組織の回復を促す
5
性腺分泌を活性化させる
6
妊娠を持続させる
7
生体膜を安定化させ、老化を防止する
8
コラーゲンの合成にビタミンCと共に関与し、皮膚の健康を維持する

9
中枢神経の形成や機能の維持に関与し、精神の安定化をはかる
10
病気の予防や回復に必要な免疫力を高める
11
ビタミンAの代謝に関与し、網膜の機能を維持することで視力を維持させる
12
味覚機能を維持させる、唾液を分泌させる
13
アルコールを分解する
14
血中コレステロールを調整する
15
赤血球や炭酸脱水素酵素を活性化させるなど、二酸化炭素の移送に関与
16
細胞を老化させる活性酸素を除去する

17
有害な金属が体内で働くのを抑制する

 

生命活動の基本である酵素の働きに関与する

 

数千の酵素と呼ばれる物質が、人間の体内には存在しています。この酵素が、生物の生命活動を維持するために必要なあらゆる化学反応の迅速な進行を担っています。具体的には、食物を消化する、ホルモンを生成する、ウイルスのような外敵に侵入されたときに身を守る、といったものです。

 

こういった場合には体内での素早い対応が必要になりますが、その際に活躍するのが様々な酵素なのです。酵素の中でも馴染みのあるものとして有名なのは消化酵素です。食物を消化する際、酵素は必要不可欠ですが、消化する栄養素の種類によってそれぞれ作用する酵素の種類も異なります。

 

炭水化物には「アミラーゼ」、たんぱく質には「プロテアーゼ」、脂肪には「リパーゼ」という酵素が作用します。口から摂取された食物は、これらの様々な酵素の働きにより、腸での吸収が可能な状態にまで分解されます。

 

最近では、酵素は様々な場面で活用されています。例としては、酵素の含まれた洗剤などです。酵素の働きにより、少量の洗剤でも強力な洗浄効果を得ることができるとされています。体内で活躍している酵素は数千ありますが、そのうち亜鉛なしには活性化できない酵素は約300種類もあります。

 

近年、亜鉛の重要性はますます明らかになってきており、それに伴い、亜鉛の活用は様々な分野で行われるようになってきています。医療現場もその1つです。創傷や胃潰瘍などを治療する際、亜鉛が利用されることがあります。

 

また、細胞の新陳代謝全般にも亜鉛は関与しています。そのため、赤ちゃんの発育にも必要不可欠な物質です。販売されている粉ミルクの中には、DHAとともに亜鉛が配合されているものもあります。

 

目の下のくま、実は病気のサインかも。

 

睡眠不足が続いたり疲れが溜まったりすると目の下にくまができることがあります。しかし十分に睡眠をとっているのにくまが良くならなかったり、顔色が全体に悪かったり、疲れを感じていたり、体重が減少していたりという症状を同時に感じる場合、何かの病気のサインかもしれません。

 

ではどのような病気が、くまには隠されているのでしょうか。主な病気は5つあります。ひとつずつ見ていきましょう。

 

まず1つ目が「鉄欠乏性貧血」です。この病気は鉄分不足が原因です。鉄分が不足するとヘモグロビンを作ることができず、血行不良を引き起こしてしまいます。そして赤黒い還元ヘモグロビンが薄い目元の皮膚を通して透けて見えるようになります。これが青くまとなっている状態です。解消法は鉄分の多い食事をとること、また必要に応じて医療機関を受診することです。

 

2つ目がバセドウ病です。この病気は甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。症状としては甲状腺が腫れて大きくなる、汗がよく出る、手指が震える、脈が速い、倦怠感、体重が減るなどです。また眼球が前にせりだしてくることで、目の下に黒くまが現れます。

 

3つ目が肝臓や腎臓の疾患です。肝臓や腎臓は栄養分を貯めたり、分解させたりして血液を通じて全身に栄養を届ける機能があります。また体内の老廃物を取り除くことで血液を浄化させる機能もあります。この機能が弱ってしまうことで血行不良となり、目の下のくまに繋がってしまいます。またアルコールや甘いものの摂り過ぎで、一時的に肝臓や腎臓に負担をかけるとくまができることもあります。

 

4つ目がうつ病です。うつ病は自律神経がうまく機能しなくなり、目の周りに血行不良をひきおこすことがあります。

 

5つ目が皮膚炎です。目の周り全体がくすんでいる場合にはアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。目の周りが炎症をおこしている状態です。そして色素沈着をおこし茶くまとなってしまいます。

 

以上の5つが隠されているかもしれない病気としてあげられます。気になる方はぜひ医療機関を受診してみましょう。

 

こちらのサイトもお勧め>>>http://xn--9dr986h5pcp82a.net/

 

朝シャンは薄毛には逆効果

 

ある程度の年齢になってくると、抜け毛や薄毛には本当に悩まされますよね。なんとか少しでも食い止めようと、夜お風呂に入った時には髪は頭皮をきっちりと洗うことでしょう。一日の汚れはなるべくその日のうちに落としたいものです。育毛の面から考えても欠かせない習慣でしょう。

 

でも、男女ともに夜お風呂に入る時間がなかったり、疲れて面倒くさくなって省いてしまったりすることもたくさんいらっしゃいます。その人たちは、だいたい朝シャワーを浴びる際に一緒にシャンプーするというパターンになっているようです。実はそれって非常にもったいないことをしているようなのです。驚く人も多いかと思いますが、朝シャンは「髪と頭皮に悪影響を与えている可能性が非常に高い」ようなのです。

 

ではいったいどうして朝シャンは髪や頭皮に逆効果なのでしょうか。朝シャンがいけない理由は、朝に髪や頭皮を洗うことにより、天然のバリア機能が失われてしまうからなのです。頭皮ダメージをダイレクトに受けてしまうようになるのです。

 

私たちは、特に髪に悩みを抱えている人が最も嫌うのが皮脂です。でも、皮脂というものは頭皮や髪たちを薄い膜でコーティングしてくれています。それによって細菌が侵入してくるのを防いだり紫外線ダメージから守ってくれたりします。これがいわゆる天然のバリア機能といわれるものです。

 

でも、朝シャンをしてしまうと皮脂をすべて洗い流してしまいます。それによって、天然のバリア機能はなくなってしまうので、紫外線による頭皮ダメージをダイレクトに受けやすくなるのです。紫外線の頭皮ダメージというものはかなり強烈です。細胞がゆっくりと破壊されていくのです。

 

こちらで内側からダメージをケア>>>育毛サプリランキング完全版

 

 

更新履歴