トップページ > 煙草を吸うと食欲が減る?

煙草を吸うと食欲が減る?

煙草を吸うと食欲が減る?

食欲を制御する方法に喫煙が挙げられます。タバコにはニコチンやタールが含まれていますが、これらは食欲を下げる働きがあるため、空腹感のほか、味覚を感じなくさせる作用を持っています。そのため、食事をする前に喫煙をすると食欲を制御することができます。しかし、その効果は人それぞれです。

 

タバコを吸っている人がタバコを止めると味覚と嗅覚が健康な状態になり、食欲が増進してしまいます。しかし、長い目で見ると、タバコは百害あって一利なしと言われるように吸わない方が健康には良いものです。仮に、喫煙して食欲が制御できても喫煙をしていることによって体に悪影響を与える可能性が高いのです。

 

喫煙をすると皮膚の老化が早まり、口臭や体臭の原因になります。また、脳や神経の機能が衰え、ガンの発生率もタバコを吸っていない人よりも上がります。また、タバコは筋肉の量を少なくし、逆に内臓脂肪は多くするという作用があるため、喫煙をしていると太りやすい体質になってしまいます。

 

タバコを止めて食欲を制御することができれば、肥満になることはないので、タバコは吸わない方がいいのです。食欲を制御するために喫煙しているのでしたら、それはタバコを吸うことで脳をダマしているということなので、意味がありません。

 

タバコを吸っている人の体の中というのは、ニコチンやタールを害のないものに変えるためにエネルギーを使い、その分エネルギーを摂取しなければいけないため、逆効果なのです。禁煙することは難しいかもしれませんが、体のためにも禁煙をして、食事の量に気を付けたり、カロリーを計算したりして太らないようにした方がいいのです。

 

冒頭で食欲を制御することができると言いましたが、それは一時的で、タバコにダイエット効果は期待できず、健康面を考えるとタバコで食欲を制御するという方法を取るのは止めた方がいいと言えるのです。